Palace of StarLight
ゲームと日々の記録

非blog系コンテンツ
過去の遺物とも呼ぶ


D&D3e
Diablo2翻訳
Magic翻訳
Miscellaneous






<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


[ 2010.08.01 Sunday ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|- |↑TOP
| main |
[ 2006.10.07 Saturday ] ヴァルキリープロファイル
タイトル通り、ヴァルキリープロファイル(VP)をクリア。でもないし、PSP版でもなく、普通にPSで出たやつね。独特の戦闘システムだと聞いていたのでやろうやろうと思って、放置することはや数年(笑)。念のため、確認したら、発売されたのが1999年だから……まあ、かなり昔だなあ(笑)。まるで、タイムカプセルのようだ。

オープニングのキャラクターや雲、背景の動きがカクカクしている上に、ドットが雑に見えて、悲しかった。テレビが大きくなったのと、最近の美麗グラフィックに慣れたせいで、目が肥えたんだろう。やはり、旬の内にプレイしないと、グラフィック面は厳しい。

このVP、ゲーム自体、不満も多い。特に、システム面がプレイヤーに分かりにくいのが残念。

VPに限らないけれど、わたしがコンピュータRPGで常に感じる不満としては、やはり、システムがプレイヤーに公開されていないことがある。ルールを知らずにプレイしているようなもので、これではわたしの求めているものはあまり手に入らない。その点TRPGはプレイヤーが見ちゃダメ、というパートはあるにしても、システムがほぼ公開されているのが嬉しいし、わたしが惹かれる理由のひとつだろう。

とはいえ、VPがつまらなかったかといえば、さにあらず。つけたまま放置して買い物に行った時間があるにせよ、一週間ほどで、プレイ時間35時間と言えば、はまりっぷりが察してもらえると思う(笑)。ようやく、寝不足解消だ。

とはいえ、隠しダンジョンをやる気力は起きない。でも、2は買ってもいいかもしれない。プレイするのが何年後か分からないけどね(笑)。
02:03comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2006.06.20 Tuesday ] 麻雀放浪記
テレビでやっていたので、麻雀放浪記(映画)を見る。
白黒なのでびっくりしたけれど、そんなに古い映画ではないのね(1984)。

話には聞いていたけれど、映像で見るとあまりのダメっぷりにあらためてびっくり。映画としてダメというのではなく、登場人物のダメっぷりに、だ。

でも、そこに痺れる憧れる(かも)。
自分では絶対にできないし、あれを理想とも目標とも思わないが、それだけに惹かれるのかもしれない。

ところで、うちのリビングは中途半端に広い上に音響を考えたつくりになっていないので、音声が聞き取りにくかったのが残念。「ツバメ返し」が良く分からなかったのがこれまた残念。ビデオならば、巻き戻して確認できるのになあ(笑)。

ちなみに、わたしは麻雀のやり方を良く知りません。
23:55comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2005.10.31 Monday ] キノの旅(アニメ)
表題のアニメのDVDを借りてくる。もともとラノベで人気のあったものをアニメにしたらしい。原作についての知識を全く欠いたまま妻と二人で見てみるが。

好きな人にはごめんなさいだが、途中で辛くて見るの止めてしまった。自腹切って借りてきた妻は最後まで見たようだが、あれでは2巻目以降を借りてくることはあるまい。

一番面白かったのは、主人公が乗っているしゃべるバイク。わたしも妻も、ふたりとも主人公が精神的に病んでいて、ホントはしゃべることなぞできないバイクがしゃべっているものと主人公が電波飛ばしまくっているものだとばかり思っていた。…実は本当にしゃべっていたらしい(笑)。

小説版は面白いのかもしれないけどね…。
23:07comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2005.09.22 Thursday ] Fantastic 4
表題の映画、「ファンタスティックフォー」を見てきた。本当は、「Shinobi」が見たかったんだけど、上映時間がうまく折り合わなかった。

予告編を見たことがある人レベルでネタバレにならない程度に見た感想をあげると…。
続きを読む >>
15:13comments(0)trackbacks(1) |↑TOP
| main |
[ 2005.07.01 Friday ] 宇宙戦争
映画、「宇宙戦争」を観てきた。
メカのデザインがことごとく古臭いので、なんか昔の映画を見直しているような気分。スターウォーズのエピソード4〜6をデジタル処理したのが少し前に出たけれど、それを思い出す。

話自体は、原作とは全然違う。同じ部分もあるけれど、それがどこであるか言ってしまうこと自体がネタバレなので、ここでは割愛。実は、ここが1番語りたいところかもしれないけど(笑)。音楽は映像とよくあっていた気がする。全体としては面白く楽しめたけど、前述のメカデザインの古臭さが気になる人は萎えてしまうかも。

しかし、映画中、一度たりとも、襲ってきた連中が宇宙人である、と具体的に語られてなかったなあ。原作を読んでいない人だったらば、相手が火星人であることなぞ絶対に分からないんじゃないだろうか。

そうだ。わたしが大っ嫌いな、「原題をそのままカタカナに変換したタイトル」にしなかったのはすごい評価できるかも。指輪物語の時には大いに大いに大いに失望し、憤ったものだったっけ。
00:35comments(2)trackbacks(1) |↑TOP
| main |
[ 2005.07.01 Friday ] 宇宙戦争
映画、「宇宙戦争」を観てきた。
メカのデザインがことごとく古臭いので、なんか昔の映画を見直しているような気分。スターウォーズのエピソード4〜6をデジタル処理したのが少し前に出たけれど、それを思い出す。

話自体は、原作とは全然違う。同じ部分もあるけれど、それがどこであるか言ってしまうこと自体がネタバレなので、ここでは割愛。実は、ここが1番語りたいところかもしれないけど(笑)。音楽は映像とよくあっていた気がする。全体としては面白く楽しめたけど、前述のメカデザインの古臭さが気になる人は萎えてしまうかも。

しかし、映画中、一度たりとも、襲ってきた連中が宇宙人である、と具体的に語られてなかったなあ。原作を読んでいない人だったらば、相手が火星人であることすら分からないんじゃないだろうか。そのことを考えると、
00:33comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |










+ 最新エントリー
+ カテゴリー
+ 最新コメント
+ 最新トラックバック
+ アーカイブ
+ 連結網
+ プロファイル