Palace of StarLight
ゲームと日々の記録

非blog系コンテンツ
過去の遺物とも呼ぶ


D&D3e
Diablo2翻訳
Magic翻訳
Miscellaneous






<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


[ 2010.08.01 Sunday ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|- |↑TOP
| main |
[ 2004.04.16 Friday ] 東方妖々夢、終着駅その3
とりあえず、咲夜でノーマルモードプレイ。

当たり判定の位置と移動速度の差に慣れるのに少々苦労する。加えて、今までプレイしていた霊夢のくらいボムの有効時間の長さを実感。ボム所持数が4発あるのにもかかわらず、抱え死に頻発(笑)。

ただ、そのギャップを補うことはできなかったが、数プレイでノーマルノーコンティニュークリア達成。霊夢のエンディングの方がよかったかな?

後は、魔理沙クリアを目指すのみ。
16:27comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2004.04.15 Thursday ] 東方妖々夢、終着駅その2
とうとうエクストラクリア達成。

この2〜3週間ずっと挑んできたわけだが、ようやく報われた…。ボスであるお狐様の最終形態は思ったよりも強くなく、なんだか拍子抜け。運もあるが、実質的にノーボムノーミスだった。結局のところ、「十二神将の宴」が一番難易度高かった。っていうか、あんなのボムなしでどうやって突破するんだッ!

エクストラモードをクリアするとさらに難易度の高いPhantasmモードが登場するが、ちょっとだけプレイし、とりあえずこれ以上のプレイは止めることに。…八雲紫嬢の印象が強烈過ぎたせいではない(笑)。ノーマル・ノーコンティニュークリア達成したのは1キャラしかいないので、他の2キャラクターについてもクリアしてからにしようと思ったからである。

いずれにせよ、自分に足らなかった弾幕分はかなり満たされた感じ。

そんなわけで「へっぽこシューター」としては今回の結果に満足したので、これからは他所様の攻略サイトでも見て、より効率的なクリアでも目指そうかと思う。
なお、「へっぽこシューター」とはシューティング好きだが、実力のないプレイヤーの蔑称である(笑)。
21:43comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2004.04.06 Tuesday ] 今日も東方妖々夢
われながら阿呆なんじゃないかと思うぐらい東方妖々夢な毎日。

エクストラの難易度の高さに閉口しているが、毎日欠かさずにプレイしている。ようやく人並み程度のシューティングの腕しかないわたしなので、プレイ時間に対する進捗状況は極めて悪し(笑)。

最大の難関である、お狐様。
グラフィック上だと、尻尾は7本ぐらいしか見えないが、ライフゲージを見る限り、10段階まで攻撃パターン(スペルカード)が用意されている模様。どうやらお狐様は10尾の狐だったようだ(笑)。どうりで手ごわい(苦笑)。

しかし、それでも薄皮をむくように少しずつ進んでいるのも確かである。
日ごとに、刈り取る尻尾の数が(到達点が)高まっている。昨日までは「アルティメットブラスト」が限界であったが、今日はそこからさらに二段先である、8番目のスペルカード「橙」まで進むことが出来た。

今日のイメージは、実はボムをけちって死ぬことが多く、一番安定しない「四面楚歌チャーミング」。
23:11comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2004.04.04 Sunday ] 東方妖々夢、その後
先日の記録から少し日が空いたが、最近ではエクストラステージに励んでいる。

「通るべきでない道」と書かれているだけあって、難易度が高い。しかし、それでもわたしは進む。ゲーセンとは異なり、何回プレイしても金はかからないし(笑)。
中ボス(燈という猫娘)にいたる序盤はようやく道が見えてきた。運がよければ(笑)、特殊攻撃(スペルカードという)「青鬼赤鬼」と「飛翔毘沙門天」はノーボムノーミスで突破できるのだが…。まあ、わたしの実力だとボムを打ったほうがずっと安定して良いけどね。なお左のイメージは、「青鬼赤鬼」。


その後に待ち構えるお狐様がどうにもならん。特に、2番目の攻撃形態(スペルカード)である「十二神将の宴」がどうしようもない。上下左右から弾が飛んでくると、画面を広い視野で見ることの出来ない自分には回避不能だ。その後にくる、「狐狸妖怪レーザー」の方がずっと簡単(笑)。
右のイメージが、十二神将の宴ね。静止画でゆっくり見たところ、名前どおり、12箇所から攻撃してくるっぽい。ゲーム中にはそこまでゆっくり見ることは出来ないからなあ(笑)。


ちなみに、左はお狐様の第一攻撃形態である、「仙狐思念」。見た目ほど難しくない。最初遭遇したときはどうすればよいか途方にくれたが。


23:10comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2004.03.27 Saturday ] 東方妖々夢、終着
土曜の朝からゲームしていると、日本も平和だなあとか思ったりするわけであるが。わたしが後輩から借りてきた18禁ゲームをとなりで妻はプレイしていたりするし。

タイトルどおり、ようやくノーマルでノーコンティニュークリアとあいなった。約1週間、東方妖々夢を中心に生活が組まれていたわけであるが、これでようやく一段落。エクストラステージとか、ハードモードとか、メインキャラクターである麗夢以外では全然クリアしてないじゃないか、とかまだまだやる余地はあるけれど。

エンディングはまったりしていてようござんした。
22:02comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2004.03.26 Friday ] 東方妖々夢、あと少し
かくて今日も仕事が終わって帰ってくると、東方妖々夢をプレイする。
…一昨日と同じこと書いてる気もするが、気にしない方向でひとつ。

下手なわたしではあるが、継続は力なり。
いつのまにやら、最終ステージまでノーコンティニューで来られるように。Practiceモードで練習したのが良かったらしい。

そんなわけで意気込んで挑戦した最終ステージであるが…。もちろん、ラスボスの西行寺幽々子嬢に粉砕されたのはいうまでもない(笑)。
あと6秒持ちこたえられたら、念願のノーコンティニュークリアだったのに。惜しい。

だが、明日は土曜日。…朝からやって絶対クリアしてやるから覚悟しろよ(笑)。
21:44comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |










+ 最新エントリー
+ カテゴリー
+ 最新コメント
+ 最新トラックバック
+ アーカイブ
+ 連結網
+ プロファイル