Palace of StarLight
ゲームと日々の記録

非blog系コンテンツ
過去の遺物とも呼ぶ


D&D3e
Diablo2翻訳
Magic翻訳
Miscellaneous






<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


[ 2010.08.01 Sunday ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|- |↑TOP
| main |
[ 2010.01.26 Tuesday ] とある大臣の超電磁砲
先週末の土曜日は迷宮キングダムのキャンペーンシナリオ、猟奇戦役の最終回だった。

始まるまで、スパロボのアストナージは異常。規格が全然違うロボットをあれだけ整備できるなんて、真田さん級だ、なんて話があったりもしたが、あまり関係ないね。


ええと、プレイヤーは全部で三人。

みっきぃさん:騎士(剣闘士)
黒緒さん:従者(委員長・アイドル)
わたし:大臣(錬金術師)

という布陣。

結論から言うと大変楽しかったんだけど、騎士様の見せ場をちょっと奪ったかも知れず、それが申し訳なし。まあ、最終シナリオだと内政担当はやることが少なくなるんで、許してくんろ。

今キャンペーンではプレイヤーが少ないこともあり、割と全力で、容赦なく進めて行った。それでもシナリオごとに(データ的な意味で)新たな発見があったりするわけだが、1シナリオで数百人人口を増やしたり、その増えすぎた人口を収容するために貧民街を大量建設したり、いろいろと印象に残ったのは間違いない。こんな無茶をやるプレイヤーたちを相手にしてくれたGMには本当に感謝です。

以下、ネタバレなのでページを変えます。
続きを読む >>
23:19comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2005.11.14 Monday ] メガテンX
今日はメガテンX、2回目。詳しい内容は省くとして、仲間からの感想シートの評価が前回といい、2回連続で”ヒーホー”だったのはどういうことなんだろう?

情報収集シーンでは、交渉シーン自体は直接描写せず、後日、相手が送信してきた情報をメールで受信するシーンを描くという少し変わったアプローチ(演出)を試みてみたり。
交渉相手の設定を知らなくても、メール内容(情報内容)をマスターが読み上げてくれるんで、交渉相手の設定と演出に齟齬をきたすことなく情報が入る良い手段だと思ったのだが。…相手がメールなどをやらないという設定が実はあったりすると、破綻するけれどね(笑)。

仲間からの感想シートの評価が前回といい、2回連続で”ヒーホー”だったのはどういうことなんだろう?

ボス戦闘では、仲間のために「応援」を何度も行い、味方全体攻撃力上昇魔法タルカジャを3発撃ち、命運4発は仲間のダメージを半減させるのに使用し、回復魔法ディアを自分には一度も使わず仲間にかけ続け…。
仲間のために尽くした戦闘であった。

仲間からの感想シートの評価が前回といい、2回連続で”ヒーホー”だったのはどういうことなんだろう?
00:32comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2005.09.22 Thursday ] メガテンX
買ったはいいが、全然読んでいなかったメガテンXを、どこで手に入れたかも忘れた「斑鳩」のBGM、Metempsychosis(輪廻)を聞きながら読み始める。せっかくの有給休暇だし、このまったり感が幸せである。昼間に食ったのがみんみんの餃子3人前+ライス大盛りなおかげで満腹であり、少々眠気と戦いながらだが…。

で、クラス説明を読んでいて、思わず噴き出す。

番長:時代遅れのバンカラ野郎。腕っ節とど根性だけですべてを乗り切ろうとする。馬鹿だが、気持ちのいい男。


や、やべえ。すげえやりくなってきたよ、メガテンX(笑)。まだ能力的にどんなものか見てないけど、ちょっと惹かれる。

ちなみに、うちのプレイグループでは、しばしばバーバリアンのみからなるグループのことを気持ちのいい男たち、と呼んでいる。特に、シナリオ集、7TailsMatchで携帯用破城槌を持ったバーバリアン3人組に出会ってからは。
16:51comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2005.05.12 Thursday ] TRPG合宿その5(4月30日)
翌日。
今日はD&D。その24回目くらい? いろいろあったような気もするけど、同時にたいしたことなかった気もする。

魅力も高いし唯一の女性PCだし、パーティの(多分)アイドル的存在であるシャミル嬢(ノームパラディン9レベル)。重要な鍵であるNPCパラディンのエクシィ嬢と姉妹の契りを結んだり。もちろん、「姉妹」のところには「スール」のルビを振って欲しい(笑)。

それにしても、買い物とか呪文の準備とか、戦闘中の行動とかちょっと時間がかかりすぎ…。正直、かなり待ちくたびれたよ。
どれも考える要素があるのは分かるけど、事前に考えておくことで大分時間の短縮を図れるのではないかと。戦闘中も、パーティとしての方針をはっきり決め、その後、それに向かって邁進してください。方針が決まっていないのに行動を考えても無駄になりやすいので。

呪文も、あらかじめどんな呪文が使えるか予習をお願い。今回に関しては、新しいダンジョンに潜る第一回目なので時間がかかりがちなのは分かるけども。どんなところに潜るか次回のプレイでは分かっているので、プレイが始まる前に覚悟完了しておくぐらいのつもりでいると良いかと。
D&Dの場合、術者を選んだプレイヤーの(ルールやデータ把握という意味での)負担が大きいのは最初から分かっていたはず。にも関わらず術者を選ぶのならば、酷な言い方だけども、それなりの研鑽なり研究なりが求められてしまう。まあ、みんなかけもちで幾つものシステムやってるから、D&Dのみに時間をかけられないのはよく分かるが。

しかし、シャミル嬢がムーンカーフに単身組み付かれたときは死んだかと思ったけど、よく生き残ったなあ。透明になって単身フライで偵察。それもSaveもHPもパーティ中最も良いPCだったのだから、プレイヤー的にはなにもミスしてないはず、なんだけど相手が悪かった。しかし、組み付かれたものの、次の組み付きチェックをダイス目の良さでなんとか逃げ延び、その好機を逃さなかったのは見事。殺したと思ったのに、残念(笑)。

しかし、1日プレイしたのに、1エンカウンター分しか終わってないのはさすがに時間をかけすぎだぁね。


なお、とんでもなく話が飛ぶけれど、昼にみんなで食べた蕎麦はそれなりにうまかったかな。つゆが少々好みから外れたのと、蕎麦の香りがもう少し強い方が自分の好みではあったけれども。それと、天麩羅は近所で取れた(?)野草っぽくて趣きがあり大変よし。
23:53comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2005.05.11 Wednesday ] TRPG合宿その4(4月29日)
夕食を食した後は、マヨキンこと迷宮キングダム。今回で2回目のプレイなんだけど、ようやくシステムがすこしずつ分かってきたかな、という感じ。

音楽でもかけようということで、CDを荷物から取り出すが、ケースを開けてみると中身が空と言う悲しいオチ。"We Love Wizardry"(FC版Wizのサントラ)はあったのだけど、"交響曲Ys"の方がね…。

実際のプレイですが、敵国から"逸材"を巡った競技を申し込まれたのだが、敵国の宣誓文を読み上げるマスターがすごい嬉しそう・楽しそうでした。マスターはプレイヤーと比較してどうしても負担が重めだけど、マスターだって楽しむ権利はもちろんあるわけだし、喜ばしきことなり。その結果、ちょっとぐらいPCを苦境に追い込んだってしょうがないよな、うん。

ミッション自体は問題なく成功だったのですが、その後の事後処理においてダイス目が悪いのか、ルールの読み込みが足りない(適した行動を取っていない)のか、自国の国民が激減。スタート時の国民が50人なんだけど、その半分以下にまで余裕で落ち込んでしまった。なんていうか、PCの家族を設定すると、それだけで王国の住民は全部埋まってしまいそうだ(笑)。

第二次大戦を思い出させるし、女性を家庭に縛り付けると取られかねないので、現在の日本の政治家はいえないが、わたしならばしがらみがない上にゲーム内なので声を大にして言える。

産めよ増やせよ

それが最大の国策である。
22:03comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2005.05.08 Sunday ] TRPG合宿その3(4月29日)
ギアアンティークが終わり、ブラフを1回勝負。買った人から順に、好きなレトルトを選ぶ。1番負けた人は、お子様用の甘口レトルトカレーの刑。超激辛にした方が面白かったのでは、という声もあったのだけど、それだと食べることができず、体調を崩しかねないので今回は見送り。何しろ、長丁場なので。

ちなみに、わたしが負けました(泣)。食べていて積極的に不味いわけではないんだけど、おかずにならないと言うか、まあ、おいしくない。翌日の付け合せ用にと買ってきたザーサイが手放せませんでした。

その後、翌日晩御飯がカニタマの予定だったのにもかかわらず、卵を買い忘れているとか、サラダ油がないとかに気づいて再度買い物。不幸中の幸いなことに、先ほど出向いたスーパーまで行かなくても途中のコンビニで揃いましたが。

なお、上の画像は「世界のボードゲームを広める会ゆうもあ」さんのホームページにあったものです。ブラフ用の画像をぐぐっていて初めて知りました。ここのお勧めのゲームを遊んでみるのも良いかもな〜。
13:10comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |










+ 最新エントリー
+ カテゴリー
+ 最新コメント
+ 最新トラックバック
+ アーカイブ
+ 連結網
+ プロファイル