Palace of StarLight
ゲームと日々の記録

非blog系コンテンツ
過去の遺物とも呼ぶ


D&D3e
Diablo2翻訳
Magic翻訳
Miscellaneous






<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


[ 2010.08.01 Sunday ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|- |↑TOP
| main |
[ ]
|| |↑TOP
<< TRPG合宿その4(4月29日) | main | 棘つき >>
[ 2005.05.12 Thursday ] TRPG合宿その5(4月30日)
翌日。
今日はD&D。その24回目くらい? いろいろあったような気もするけど、同時にたいしたことなかった気もする。

魅力も高いし唯一の女性PCだし、パーティの(多分)アイドル的存在であるシャミル嬢(ノームパラディン9レベル)。重要な鍵であるNPCパラディンのエクシィ嬢と姉妹の契りを結んだり。もちろん、「姉妹」のところには「スール」のルビを振って欲しい(笑)。

それにしても、買い物とか呪文の準備とか、戦闘中の行動とかちょっと時間がかかりすぎ…。正直、かなり待ちくたびれたよ。
どれも考える要素があるのは分かるけど、事前に考えておくことで大分時間の短縮を図れるのではないかと。戦闘中も、パーティとしての方針をはっきり決め、その後、それに向かって邁進してください。方針が決まっていないのに行動を考えても無駄になりやすいので。

呪文も、あらかじめどんな呪文が使えるか予習をお願い。今回に関しては、新しいダンジョンに潜る第一回目なので時間がかかりがちなのは分かるけども。どんなところに潜るか次回のプレイでは分かっているので、プレイが始まる前に覚悟完了しておくぐらいのつもりでいると良いかと。
D&Dの場合、術者を選んだプレイヤーの(ルールやデータ把握という意味での)負担が大きいのは最初から分かっていたはず。にも関わらず術者を選ぶのならば、酷な言い方だけども、それなりの研鑽なり研究なりが求められてしまう。まあ、みんなかけもちで幾つものシステムやってるから、D&Dのみに時間をかけられないのはよく分かるが。

しかし、シャミル嬢がムーンカーフに単身組み付かれたときは死んだかと思ったけど、よく生き残ったなあ。透明になって単身フライで偵察。それもSaveもHPもパーティ中最も良いPCだったのだから、プレイヤー的にはなにもミスしてないはず、なんだけど相手が悪かった。しかし、組み付かれたものの、次の組み付きチェックをダイス目の良さでなんとか逃げ延び、その好機を逃さなかったのは見事。殺したと思ったのに、残念(笑)。

しかし、1日プレイしたのに、1エンカウンター分しか終わってないのはさすがに時間をかけすぎだぁね。


なお、とんでもなく話が飛ぶけれど、昼にみんなで食べた蕎麦はそれなりにうまかったかな。つゆが少々好みから外れたのと、蕎麦の香りがもう少し強い方が自分の好みではあったけれども。それと、天麩羅は近所で取れた(?)野草っぽくて趣きがあり大変よし。
23:53comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2010.08.01 Sunday ] スポンサーサイト
23:53 |-|- |↑TOP
| main |









http://yoshi24601.jugem.cc/trackback/110










+ 最新エントリー
+ カテゴリー
+ 最新コメント
+ 最新トラックバック
+ アーカイブ
+ 連結網
+ プロファイル