Palace of StarLight
ゲームと日々の記録

非blog系コンテンツ
過去の遺物とも呼ぶ


D&D3e
Diablo2翻訳
Magic翻訳
Miscellaneous






<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


[ 2010.08.01 Sunday ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|- |↑TOP
| main |
[ ]
|| |↑TOP
<< Amazonより便りあり | main | 絆地獄たち >>
[ 2005.07.26 Tuesday ] Weapons of Legacyとか
--Weapons of Legacy--
簡単に言うと、キャラクターとともに成長していく特殊な武器がどっさり載っている本。

パッと見た感じ、普通の武器なんだけど、特殊な儀式を行うとLegacyItemとしての能力を開花させる。ただし、その恩恵を受けられるのは儀式を行ったキャラクターのみ。また、儀式を行わない限り普通の+1クラスの魔法の武器だったりするので、DM側である程度プレイヤーが分かるように用意するか、プレイヤー側から積極的にDMに頼まない限りあまり登場することはなさそう。しかも、必要な儀式が結構特殊で、それを中心にある程度シナリオを組んでいく必要があるかもしれない。

儀式そのものは面倒なんだけど、儀式にかかる費用の割に得られる効果が強力なので、中〜高レベルスタートのセッションでは、面倒な儀式はもう済ませたこととした各PCが1つずつ持っているなんてこともありそう。

自作ルールが載っているのがマンチ魂に火をともす(笑)。


--City of Splenders:Waterdeep--
FRにおける最大級の都市、Waterdeepに関するサプリ。
挿絵や地図も多くて使いやすそう。オリジナルワールドへの流用も結構きくだろう。ただ、データ的にはあんまり多くないし、市販シナリオ集にそってキャンペーンを進めている自分にはあんまり実用的な部分がないかも。
この町をベースタウンにしたキャンペーンとかは面白そう。自分でやる機会があるかは微妙だけど。


--Five Nations--
Eberronのサプリ。Eberronでは遊びたいんだけど、機会がなくて眠っている。ざっとデータ部分を見ると、CyranAvengerとかは前提条件ぬるい割にBABとSaveはファイターライク、2-5レベルの間はCasting能力がArcaneDivine問わず上がってくれるんで、いい感じ。一日にChaボーナス回使用可能なAvengingStrikeも良し。
Druid好きとしては、MagebredBrownBearとMagebredGhostTigerが、ノーマルのBrownBearやTigerと同レベルでコンパニオンにできるのは見逃せない。ただ、EbCSにあるMagebredTemplateとデータ的に食い違う部分があるので、DMと相談がいるかも。


…大雑把だけど、こんなもんでOK?
23:55comments(1)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2010.08.01 Sunday ] スポンサーサイト
23:55 |-|- |↑TOP
| main |
参考になりました。
今のところ3冊ともスルーかなぁ…
| Nats | 2005/07/27 5:57 AM |









http://yoshi24601.jugem.cc/trackback/139










+ 最新エントリー
+ カテゴリー
+ 最新コメント
+ 最新トラックバック
+ アーカイブ
+ 連結網
+ プロファイル