Palace of StarLight
ゲームと日々の記録

非blog系コンテンツ
過去の遺物とも呼ぶ


D&D3e
Diablo2翻訳
Magic翻訳
Miscellaneous






<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


[ 2010.08.01 Sunday ] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-|- |↑TOP
| main |
[ ]
|| |↑TOP
<< シャドウフェル城の影に3人で挑む その5 | main | スペルガルドの笏塔に3人で挑む! >>
[ 2010.04.06 Tuesday ] ドルイドのすすめ

最近、ドルイドを少しばかりプレイする機会があったので、これから初めてプレイする人がいれば、少しでも参考になるかと思い、書いてみる。


★ おすすめ無限回パワー ★

スワーミングローカスト
標準アクション 近接範囲:噴射3
目標:噴射の範囲内の全てのクリーチャー
攻撃:「判断力」対”反応”
命中:1d8+「判断力」修正値のダメージ
効果:使用者の次のターン終了時まで、噴射の範囲内はイナゴの群がる区域となる。この区域にいる間、敵は戦術的優位を与える。

状況を選ぶが、あまりにも神パワー。
当たっても当らなくても戦術的優位を複数体から得られる。多人数が入り乱れる戦場だと使いにくいけど、もしもあなたが3人でシャドウフェルに挑んだりするようなら、ぜひ試してみて! 敵味方無差別なのは最初のダメージだけなんで、それさえ過ぎれば味方が区域に入っても無問題。イナゴが味方を煩わせるようなことはない。
もしもパーティにローグがいれば、これを使っているだけで仕事をした気になれる。そして、ローグがドルイドの悪口を言うことはなくなるだろう。むしろ、誰が欠けてもドルイドが味方に欲しいと思ってくれるはず。
欠点としては、最初のダメージは無差別であること。ローグが仲間にいる場合、他のパワーを使う必要性が薄れること、ですかね。近接範囲だけど、ドルイドは制御役にしてはHPが比較的高めなので、何とかなるはず。
そうそう、『原始の書』収録パワーなんでぜひ買おう!

チルウィンド
パワーの具体的な内容は、日本語版も出てるからそっちで確認してね。

遠隔範囲でダメージを与える手段がこれしかないんで。
でも、無限回で爆発1の1マス横滑りはいろいろ面白いよ? ダメージ低めだけど、それゆえの使い勝手というものもある。たとえば敵味方入れ乱れているところに打ち込んで、敵味方もろともすっきりとした戦場に仕立て上げよう。

個人的には、ファイアーホークのパワーも好き。だけど、スワーミングローカスト、チルウィンド、サヴェジレンド、の次なんだよね。ヒューマンなら取得するけどさ。PH HeroesがOKな環境なら、グラスピングタイドも良い! 極めて優れた足止めパワー。


★ おすすめ遭遇ごとパワー ★

ソーンスプレー
標準アクション  近接範囲・噴射5
目標:噴射の範囲内のクリーチャーすべて
攻撃:「判断力」対”頑健”
命中:1d6+「判断力」修正値のダメージ。目標は使用者の次のターンの終了時まで全ての防御値に−2ペナルティ。
原始の捕食獣:ペナルティは1+「敏捷」修正値となる。

噴射5と言うのがうれしい。
しかも、エルフ捕食獣ドルイドなら、1レベルからペナルティ5とか平気で言っちゃうわけだ。アクションポイント投入して、ローカスト+ソーンスプレーとかやると、それだけで実質的に7差ですよ。1レベル遭遇毎パワーで噴射5は稀なので、捕食獣でなくてもいける。というか、優秀すぎて他が霞んでしょうがない。
そりゃもちろん、ウィザードにだってバーニングハンズという噴射5パワーはあるけど、前に出るならドルイドの方が向いてるしね。
これまた『原始の書』なんで、買うしかないよね?


★ おすすめ一日毎パワー ★

サモン・ジャイアント・トード
標準アクション  遠隔・5
効果:使用者は範囲内の何ものにも占められていない1つのマスに中型サイズのジャイアントトードを1体召喚する。トードは移動速度5と水泳移動速度6、跳躍における運動判定に+10ボーナスを有する。使用者はこのトードのに以下の命令を行わせることができる。トードを召喚したターンに、このパワーの使用の一環として命令を与えることができる。
標準アクション:近接・3;目標はクリーチャー1体;「判断力」対”反応”;1d8+「判断力」修正値ダメージ、加えて対象を2マス引き寄せる
本能的効果(Instinctive Effect):使用者のターン終了時までにトードにいかなる命令も与えていない場合、トードは前のターンに攻撃したのと同じクリーチャーを攻撃する。もしもそれが不可能な場合、可能であれば3マス以内のクリーチャーを攻撃する。そうでなければ、一番近い敵の3マス以内に移動速度で移動する。


とうとう来たよ、召喚呪文。
『原始の書』には三種類の召喚パワーが用意されていて、このトード召喚はそのうちの一つだけど、個人的にはおかしいと思う。ドルイドの召喚呪文はどれも本能的効果というのが設定されており、命令を与えなければ自動的に殴ってくれる。これだけでも他の召喚系パワーよりも優遇されてると思うんだけど、近接・3でしかも2マス引き寄せですと!
もしもあなたがシャドウフェルに3人で挑むなら、頭数を増やしてくれるこのパワーは偉大としか言いようのないはず。
ちなみに、5レベルの1日毎パワーには、ファイアービートル召喚があるよ。近接・噴射3で1d8+「判断力」修正値の火ダメージ。

そんなわけで、ちょっと紹介してみた。訳が間違ってたら、ごめん。素直に日本語版『原始の書』を使ってくだされ。いやまあ、間違ってなくても買うべきだと思うけど。

22:54comments(0)trackbacks(0) |↑TOP
| main |
[ 2010.08.01 Sunday ] スポンサーサイト
22:54 |-|- |↑TOP
| main |









http://yoshi24601.jugem.cc/trackback/184










+ 最新エントリー
+ カテゴリー
+ 最新コメント
+ 最新トラックバック
+ アーカイブ
+ 連結網
+ プロファイル